toggle
2022-11-03

土の庭どうにかしたい!おしゃれな庭へ

土は勿論大事です。自然の一部ですから。ただ、お庭で、そのままではせっかくの自然を育む土もやっかいなものとなってしまいます。一戸建てのお家で、土のお庭のお悩み事も多くお聞きします。今回はそんなお悩みの対処方法のお話をまとめました。

土の庭のお悩み

やっかいな雑草

草刈り

疲れる草刈り

水たまりと玄関の泥汚れ

雨の降った後、水を含んだ泥の上を歩き、その泥を付けたまま玄関に…。

土埃が舞う

風が吹いて乾燥した土埃が服にもいっぱい。

では対策は?

ではどうしたらいいのでしょうか。対策としては下記があります。

・植栽によるもの

→グラウンドカバーを植える、芝を植える

・花壇や家庭菜園を造る

・ウッドチップを敷く

ウッドチップ

ウッドチップ

・砂利を敷く

・レンガを敷く

・コンクリートを敷く

・人工芝を敷く

後の手入れが面倒だという人のために、人工芝を敷くという手もあります。

人工芝は天然芝より割高になりますが、7年から8年ほどもちます。天然芝は芝刈りが必要ですし、冬は枯れますから手入れが必要ですが、何より四季を肌で感じられ、人工芝では味わえない柔らかさが癒しを与えてくれます。ご予算とメンテナンスを考えてどちらを選択するかになります。

さらに進んだおススメの方法

それはせっかくの一戸建てのお家にマッチするお庭造りとして、土の庭をどうするか、楽しみながら前向きに検討することです。簡単にいえば、先の6つの方法に庭造りの要素を取り入れて楽しく、癒されるお庭を造ることです。倉地造園設計では、お庭造りをご予算に応じてサポートいたします。

木で木陰を作り雑草を減らし、ウッドチップや落ち葉で草対策をしたり。自然素材を生かし、土を生かす、そんなお庭造りをしたいですね。少しの工夫とご予算で、癒されるお庭を造ってみませんか?

まずはお気軽にお問合せください。→お問合せはこちらまで

直通電話はこちらまでどうぞ⇒080-6640-5580

 

 

 

関連記事